ホームへ戻る

水虫になると自分だけでなく、人にも感染させる可能性が高い事はあまり知られていません。
かゆみや炎症があっても恥ずかしさや、忙しさを理由にしてきちんと対処せず放置していれば水虫も進行しますし、炎症もどんどんひどくなっていきます。
自分だけ我慢していれば大丈夫ではなく、家族にも感染させてしまう事を考え早めに治療をする事も大切なのです。
水虫の場合、市販薬でもきちんと対処していれば完治させる事もできます。
水虫だとわかったら市販薬を買いに行く人も多いのですが、高い効果が期待できても薬だけでは完治させるのが難しくなります。

水虫の原因は白癬菌というカビの一種ですが、足に繁殖した白癬菌は靴下やストッキングにも付着しますし、靴の中にも付着し繁殖します。
足の裏は意外と汗をかくので、靴下や靴も湿ってしまいます。
白癬菌は高温多湿の場所を好みますので、どんどん繁殖していきます。
素足を清潔にして薬をつけていても、同じ靴下や靴を連続して履いてしまえば、白癬菌がさらに繁殖してしまいます。

面倒に感じても一度履いた靴下やストッキングは、必ず洗濯します。
靴も可能な限り連続して同じ靴を履かずに、何足かをローテーションさせましょう。
靴用の除菌消臭スプレーを使い、靴の中に菌が繁殖しないよう徹底させます。
下駄箱の中も湿気がこもりやすいので、下駄箱用の除湿剤や新聞紙を靴の中に入れておくのも効果的です。
履かない靴も下駄箱にしまいっぱなしにせず、たまに出して風通しのいいところで陰干しましょう。

靴下やストッキングと同じように、バスマットやスリッパも共有せずに、一度使ったら必ず洗濯をしてください。
洗濯できない物は、除菌消臭スプレーを吹きかけよく乾かしてから使います。
水虫の原因、そして感染してしまった後のセルフケアについても参照してください。
靴や靴下を共有する事はあまりないと思いますが、水虫の人は靴下の共有は避けておきましょう。
例え短時間しか履いていなくても、白癬菌が付着してしまえば同じなので、こまめに洗濯をして綺麗にしておくよう努力してください。


ホームへ戻る