ホームへ戻る

水虫の原因は、白癬菌というカビの一種です。
人から人へ感染するので、家族に水虫の人がいれば感染する可能性も高くなります。
白癬菌に感染し水虫になっても、初期にはほとんど症状がないので気づかないままの人も多いのです。
白癬菌による水虫も一種の皮膚病ですから、放置していれば症状は進行していきます。
症状が出始めた時には、既にかなり進行している事が多いので予防とケアが大切です。

水虫になっても初期はほとんど自覚症状がありませんが、常に足を清潔にして弱酸性に保っておくのもポイントです。
もし知らない間に感染していても、即水虫になる事はありませんから、足を綺麗に洗うよう心がけましょう。
靴の中は高温多湿になるので、白癬菌が繁殖しやすい状態になります。
可能なら靴を履く時に毎日同じ靴を履かずに、2足から3足用意しておきましょう。
履いた靴は続けて履かずに、除菌スプレーなどで除菌したら乾燥剤を入れておくだけでも靴の中を清潔に保てます。
乾燥剤がない場合は新聞紙を丸めて入れても代用できます。

水虫も症状が進行すれば自覚症状が現れてきます。
症状として多いのが、かゆみです。
これは白癬菌が角質の奥に入り込み神経を刺激するからなのですが、足の裏や足の指の間がかゆいと感じたら、水虫の可能性を疑ってみましょう。
さらに進行すると水ぶくれができますが、放置すると皮がむけてきますので、皮膚の炎症もひどくなり見た目にも明らかに異常な状態である事が分かるはずです。

初期なら市販の水虫薬でも対処できる場合がありますが、症状が進行するほど炎症も広がるので我慢したり、恥ずかしがったりせず病院に行き治療を受けましょう。
水虫も症状に合わせて治療法が変わりますので、間違った方法では悪化させてしまいます。
病院に行けば適切な治療を受けられますし、治療薬も処方してもらえるので正しい治療ができます。
水虫はきちんと治療すれば完治しますが、再発しやすいので常に足を清潔に保つ事が大切です。


ホームへ戻る