ホームへ戻る

水虫は白癬菌というカビの一種が原因となります。
早めに対処すれば症状を悪化させる事もありませんが、初期はほとんど自覚症状がないため気づかないままの人もいます。
症状が進行するとかゆみや水ぶくれといった、自分でもはっきりとわかる症状が出ますが、この場合症状も進行しているので、きちんと治療しないとどんどん悪化していきます。
水虫は病院で治療ができますが、市販薬でもある程度は対処できます。
ただし市販薬では限界もあるので、市販薬では症状の改善が見られない場合は、早めに病院に行く事をおすすめします。

水虫の薬で多いのは、軟膏です。
これは病院の処方薬や市販薬でも同じですが、外用薬でもある程度の効果は期待できます。
原因が白癬菌というカビの一種なので、殺菌作用や抗菌作用のある成分が配合されています。
症状が進行していくとかゆみや皮膚の炎症も出てくるので、抗炎症作用やかゆみ止め効果のある成分が配合されている軟膏もあります。
市販薬にも軟膏タイプが多いので、症状に合わせて成分などもチェックして選ぶようにしましょう。

水虫は症状が進行するほど角質の奥に入り込みます。
角質部分なら外用薬の軟膏でも対応できますが、深層部に入り込むと外用薬では対処できないので、内服薬での治療が必要になります。
内服薬の場合は病院の処方薬の方が効果も高いのでおすすめです。
市販薬にも内服薬があり、効果も期待できますが、副作用などを考えた時、処方薬の方が安心ですし、何かあった場合も薬の種類がわかっているので適切な対処ができます。

水虫は症状も個人差がありますし、同じ成分でも含有量の違いで効果は変わってきます。
ここの正しい見極めは素人では難しいので、医師にきちんと診てもらい適切な薬を処方してもらうほうが高い効果が期待できるでしょう。
処方薬でも用量や回数は決まっていますので、医師の指示にしたがい正しく服用する事も大切です。
多く使えば早く治るという事ではありません。


ホームへ戻る