ホームへ戻る

女性の場合、まさか自分が水虫になるとは思っていない人も多いので、実際に自分が水虫だとわかった場合はショックを受ける事があります。
自分では清潔にしているつもりでも、靴の中は意外と見落としているものです。
水虫になるのは足が不衛生な状態という証拠ですが、知らない間に家族から感染している可能性もあります。
もしも家族に水虫の人がいる場合は、家族にも徹底して治療をしてもらいましょう。
もちろん自分が水虫の場合は、家族にうつさないよう注意する事も大切です。
水虫がうつる原因を知っておく事で、予防も可能となります。

水虫は白癬菌というカビの一種が感染源です。
これは足だけでなく、ストッキングや靴下にも付着しますので、スリッパを履かずに家の中を歩くと家中に白癬菌を撒き散らす事になります。
靴の中はどうしても蒸れやすいので、白癬菌が好む環境という事もあり繁殖しやすい状態となります。
靴は同じ物を連続して履かないようにしましょう。
最低でも2足用意して、毎日違う靴を履くのも予防対策のひとつです。
1度履いた靴は除菌スプレーなどで除菌したら、中を乾燥させましょう。
乾燥剤や新聞紙でもいいですし、ドライヤーの冷風を当てれば効率よく乾燥させられます。
ブーツや革靴のように通気性の悪い靴は、白癬菌も繁殖しやすいので常に清潔に保ちましょう。

意外と見落としやすいのが、バスマット、浴室や脱衣所の床です。
お風呂に入る時は裸足になりますし、床やバスマットにも白癬菌が付着してしまうので家族に感染させてしまう事があります。
バスマットの共有は避け、床もその都度拭き掃除を徹底しましょう。
床掃除をする場合も専用のワイパーやシートがあると便利ですが、シートはその都度交換し、同じ物を使わないようにします。
毎回取り替えるのは勿体無い気もしますが、水虫を感染させないためには必要な事です。
病院でも治療はできますが、自宅でもある程度のケアは欠かせません。


ホームへ戻る